シーラー・プライマーとは

下地と塗料を密着させるための言わば接着剤のような役割を果たす下塗り材を総称してシーラーもしくはプライマーといいます。

シーラー・プライマーの違いは?

まず本来の意味は、1番最初に塗る塗料という意味です。

屋根にシーラーを塗装

どちらも密着効果を高める下塗りですが、シーラーには下地に吸い込まれるのを防ぐ意味合いもあります。

さらにパテ効果を併せもつフィーラーもある

パテ効果とシーラー効果を合わせ持つフィーラーと呼ばれるものもあります。

どんな外壁にどんな下塗りが向いているか?

MK塗装工房では、下地によって最適な下塗り材を使いわけています。

シーラーはサイディングに!

サイディングは、あまりフィラーを使いません。(場合によっては使用する場合もあります。) フィラーのパテ効果(弾性)が膨れを誘発してしまう場合があるからです。

モルタルにはフィラーを!

モルタル下地には、微弾性フィーラーが最も最適です。呼び方は、フィラー・フィーラー・微弾性フィラー・サーフェイサーなど様々な呼び方がありますが、同じ物です。

塗装実績編

実績公開数と写真公開数

外壁塗装特集(デザイン97選)

無料のご説明/お見積り
工事範囲とMKの実績
上へ