へーベル外壁(ALC)とは

ALC(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)軽量気泡コンクリートと呼ばれる特殊コンクリートの一種です。代名詞と言えるのが旭化成のヘーベル(ヘーベルハウス)です。

へーベル壁の塗装後 へーベル壁の塗装後

特性として、ALC壁は高断熱性能、高耐火性、高遮音性などがあげられます。
工場出荷時は、無塗装の製品なのでモルタル壁と同じように模様(凸凹)付けと品質を維持するため塗装が施されます。


最適な塗料は劣化状況によって違う

一般的に、ALCは水に弱いといわれていますので定期的な塗装が必要です。

素地が露出している場合

へーベル壁の素地が露出

上記の写真のように旧塗膜がとれて素地が露出している場合には、下塗りに溶剤(油性)が使えませんので下塗りに水性塗料を使用します。上塗りに関してはシリコンやラジカル塗料などの複層仕上げ塗料であれば問題ありません。

素地が見えていない場合

溶剤(油性)と水性どちらの下塗りでも問題ありません。多くは表面の塗膜割れに対応させるために水性のフィラーが無難です。上塗りに関してはシリコンやラジカル塗料などの複層仕上げ塗料であれば問題ありません。

へーベル外壁の特徴

水分の吸収を避けるため、サイディング壁などと違い、通常は新築時に現場で仕上げの塗装がされます。(サイディングは工場出荷時に塗装)
サイディング壁と違い厚みがある為、反りやクラックなどがわかりにくい傾向があります。
しかし塗膜が劣化してくると、雨や湿気が侵り込み、外装の表面だけでなく、外壁の基盤の腐食にもなります。

塗装実績編

実績公開数と写真公開数

外壁塗装特集(デザイン97選)

無料のご説明/お見積り
工事範囲とMKの実績
上へ