モニエル瓦の屋根塗装って?

セメント瓦と形状は同じだが素材が違うため塗装には細心の注意が必要です。

普通の塗り方では、問題が起きる可能性が高い。

モニエル瓦の塗装前

上記写真はニエル瓦です。
下記のセメント瓦とまったく同じ見た目です。
なので判別方法が難しく知識がないがために多くのトラブルが起こります。


なぜモニエル瓦の塗装は問題があるのか?

屋根の表面が粉を固めた色粉(いろこ)というもので覆われており、その色粉を可能な限り高圧洗浄で除去しなければ塗膜と一緒に剥がれる可能性が高いのです。

色粉(いろこ)=スラリー層

モニエル瓦の屋根表面を覆う、色の粉を固めた層のことです。劣化してくると粉の結着がとれて色の粉が落ちてきます。

セメント瓦とモニエル瓦の判別方法

セメント瓦の塗装前

上記写真はセメント瓦ですが、形状ではどちらか判断できません。判別には瓦の切り口を見ます。 詳細はお問合せ下さい。

形状から判別できないので、多くの職人が間違います。

まず、数がそれほど多くないため経験をつむのが難しいです。
しかし見分けないと塗装するのに様々な問題が発生します。

モニエル瓦のオススメ屋根塗料

ハイルーフマイルドシリコン
大同塗料(株)
マイティーシリコン
オリエンタル塗料(株)
スラリー層強化工法
水谷ペイント(株)
ヤネフレッシュSi
エスケー化研(株)

特殊塗料になるので価格が高いが、できるだけ専用塗料を選択したい。

瓦屋根に遮熱塗装はオススメできない!

瓦屋根は、もともと厚い為屋根の表面で遮熱をしても室内までの効果があまりないと言われています。

もちろん意味がないわけではないが、費用をかけても効果がかなり薄いという意味です。


塗装実績編

実績公開数と写真公開数

外壁塗装特集(デザイン97選)

無料のご説明/お見積り
工事範囲とMKの実績
上へ